予防医療のランダム・ウォーカー

内科専門医のblog 〜予防に勝る治療なし〜

【動悸】は勘違いされています

日々の生活の中で、ちょっとしたタイミングに動悸がする方って、たくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

動悸は、どきどきする、脈が速くなる、脈がとんでいる、などで表現されることが多いと思います。

 

動悸の原因は多くが不整脈ですが、動悸の時の心電図がないと、診断ができません。

 

だいたい診察時には動悸が起こっていないですから、その時のたった一度の心電図で異常がなかったばかりに、

 

「その動悸は更年期だから、精神的なものだから」と言われて、本当は不整脈なのに、詳しく調べられていない患者さんと、今までかなりの頻度でお会いしてきました。

 

自律神経失調症だ、と診断されている場合もあります。

 

このようなことが良く起こる背景には、不整脈を見つけるのはなかなか大変で、工夫が必要で、かなりの手間がかかるからです。

 

不整脈はたった一度の心電図では何もわからない】ということを、よく知ってください。

 

脳梗塞になって初めて、不整脈だったということがわかるのは辛すぎます。

 

数年前に経験した、印象深い出会いをご紹介します。

 

34歳(当時)の女性。

 

20代の頃から動悸がひどかったが、医療機関を受診した際にはいつも動悸はおさまっており、心電図は正常。

 

ホルター心電図という24時間記録できる心電図を施行しましたが、その日は動悸が全く出ずに、正常と判定されました。

 

動悸は精神的なものと診断され、向精神薬抗不安薬が開始となりました。

しかし、それらを内服しても症状は全くよくなりません。

 

動悸がひどいので、と訴えては、内服薬の種類は徐々に増え、計6種類まで内服が増えていました。

 

そして、ついに、心電図で不整脈が記録されるに到ります。

 

結果は【発作性上室頻拍】という、心拍数が1分間に160回程度まで急上昇する不整脈でした。

 

発作性上室頻拍という不整脈の95パーセントはカテーテル治療で治ってしまいます。

 

カテーテル治療後、動悸が全くなくなり、精神科の方で処方されていた6種類の向精神薬抗不安薬はすべて中止となりました。

 

「飲んでいた6種類の薬はなんだったのでしょうか?」と、最後の外来でおっしゃっていたのが、とても印象的でした。 

 

こういった方を少しでも減らすために、日々診療に当たっているのが、不整脈専門医の先生方です。

 

動悸がしたら、不整脈専門医に一度は相談すべきです。

 

http://new.jhrs.or.jp/specialist-index/specialist-list/