予防医療のランダム・ウォーカー

内科専門医のblog 〜予防に勝る治療なし〜

精神疾患には睡眠が関与している説を考える

睡眠不足がうつ病などの精神疾患の原因となっているという話題です。 精神科専門の先生方が、睡眠不足がうつ病などの精神疾患の原因となっている。抗精神薬を内服するまえに、睡眠を整えることが大切だというのです。 睡眠を整えるとは、睡眠時間の量と質の2…

医療の地域格差がとんでもないレベルになっている

医療を提供する側の医療への関心と、医療サービスを受ける側の医療に対する期待と信頼、また、その地域での歴史を非常に強く反映するのが、医療の質です。 日本の医療には数多くのガイドラインという、診療を行っていく際の、ある一定の決まりのようなものが…

若年性突然死を見て改めて思う【できることはやっておく】ことの重要性

最近、脳卒中、心臓病の予防の話題ばかりになってしまい、自分でも若干飽きてきていたところでしたが、今朝、34歳の俳優の方が虚血性心疾患によって亡くなったという大変残念なニュースが飛び込んできました。 この年齢で虚血性心疾患(急性心筋梗塞、不安定…

人生100年時代を生き抜く~本物のアンチエイジングとは~

人生100年時代になりそうです。 前回までは、国が法制化した【脳卒中・循環器病克服対策】についてご紹介しました。 この法制化の目的としては、 a) 脳卒中・心臓病の発症には予防が可能な要素が多くあるが、それを国民全体に周知できていない。脳卒中・心臓…

脳卒中・心臓病予防は国家的事業

前回、平均寿命と健康寿命は大きく異なるものだという話題をしましたので、その流れで脳卒中と心臓病対策は既に法律化され、国家的に取り組む課題に決まった、という内容も補足的にご紹介しておきます。 個人的に重要な図だと考えていまして、再掲します。 …

健康寿命と平均寿命のgapに潜む闇

健康寿命と平均寿命の差が広がっている、という深刻な話題です。 一般的に寿命といわれるのは、この図の平均寿命になります。 健康寿命とは、日常生活に制限なく暮らせる期間のことです。 上図では、女性では平均寿命が86.3歳ととんでもなく長寿になっている…

その心房細動、本当に無症状ですか?

現代の重要疾患のひとつ、心房細動について、また改めて記載します。 「心房細動ですが、症状が全くないんです」とおっしゃる方はたくさんいます。 健康診断でみつかっただけで、自分では何も感じないんです、というわけです。 人間のからだは急激な変化を敏…

尿路結石は泌尿器科だけの病気にあらず

記憶に残る経験を記します。 もう何年も前から尿路結石を言われていて、今回尿路結石の手術、3回目なんですよね。高齢になって痛みもないから断ろうかと思っています。 もともと内科には、高血圧で通院されていた方。こんな会話を診察中に耳にしました。 こ…

タンパク質は99%の人が足りていない(タンパク質はお金がかかる)

前回はカロリー計算についてまとめました。 おそらく、自分も含めて、いまの日本に住んでいる人のほとんどが、カロリーを過剰に摂取しています。 カロリー摂取量には、前回ご紹介した標準体重による計算値以外にも、年齢による補正が必要だと思います。 成長…

ダイエットは数字で解決できる(あとは強い意思)

ダイエットに関しては、なんとなくやってもうまくいかないことが多いと思います。 なので、まず、標準体重を計算してください。 (標準体重kg)= 身長(m)× 身長(m)× 22 です。 身長が150cmであれば、150㎝が1.5mに換算されるので 標準体重(kg)…

【特定保健用食品(トクホ)】に血圧を下げる効果はあるのか

特定保健用食品(トクホ)に血圧を下げる効果があるのか、という内容です。 高血圧に対する効果を謳っているトクホには、ペプチド、杜仲葉配糖体、酢酸、γアミノ酪酸、フラボノイドなどといった成分が含まれていてます。 難しい内容は飛ばしますが、それぞれ…

【予防接種】インフルエンザ・まとめ

インフルエンザ予防接種の季節になり、いろいろと知識を求められる場面が増えましたので、自分の知識の整理を含め、インフルエンザ予防接種についてまとめてみました。 まず、インフルエンザウイルス感染症ですが、 インフルエンザウイルスに感染して平均3日…

冠動脈疾患発症予測ツール 【これりすくん】

日本動脈硬化学会がなかなか便利な冠動脈疾患発症予測ツールを提供してくれています。 冠動脈疾患発症予測ツール 【これりすくん】 というものです。 冠動脈疾患とは、簡単に言うと心筋梗塞と狭心症です。 冠動脈疾患発症予測ツールとは、心筋梗塞予測ツール…

運動してはいけない条件(筋トレ編)

筋力を強化するためには、ウォーキングや自転車のぺダリングといった有酸素運動だけではうまくいきません。 繰り返しになりますが、有酸素運動は心肺機能強化、レジスタンストレーニング(筋トレ)が筋力強化です。 だいたいのことは有酸素運動の禁止事項と…

腎臓病の血圧はどうするか

先に結論を書いてしまいます。 慢性腎臓病の血圧コントロールは 蛋白尿がある場合:130 / 80 未満に下げる 蛋白尿がない場合:140 / 90 未満に下げる 軽度の腎機能低下、蛋白尿(アルブミン尿)があると、脳卒中・心筋梗塞を高い確率で発症することが明らか…

日常診療には矛盾が多い(理不尽さも)

先日も午前中だけで、高血圧で未治療の方が10名ほど来院されました。 高血圧のガイドラインについて詳しくご説明すると、治療を積極的にやっていきたいというかたが多いです。 (高血圧では死亡率が上がるのですから、あたりまえですかね) しかし、丁寧に説…

脳卒中・心臓病の血圧コントロール

高血圧の定義をおさらいをします。 血圧:140 / 90 以上 ⇒ 高血圧 血圧:130~139 / 85~89 ⇒ 高値血圧 血圧:120~129 / 80~84 ⇒ 正常高値血圧 血圧:119 / 79 以下 ⇒ 正常血圧 でした。 予防の観点からは 血圧が140 / 90 以上で脳卒中・心筋梗塞などの心…

日本の高血圧は4300万人

前回は高血圧の定義をまとめました。 今回は日本の現状をみてみたいと思います。 まず、40歳から74歳では、男性の60パーセント、女性の41パーセントが高血圧の基準を満たすようです。 これはかなりの数になりますよね。 さらに75歳を超えると、男女ともに70…

高血圧の数値基準をはっきりさせます

高血圧診療ガイドラインが改訂され、今回高血圧診療ガイドライン2019として発刊されました。 前回は2014年でしたので、5年ぶりの改訂になります。 高血圧などの授業をさせていただいている手前、前回のガイドライン2014はあたまに入っているつもりでしたが、…

透析治療に腹膜透析という選択肢

腎臓専門医ではない内科医にとって、腹膜透析は馴染みがなく、過去のものという認識を持っていましたが、専門家の意見を聞いて考え方が変わったという話です。 おそらく一般的にイメージされる透析は、腎臓の病気で腎臓の機能が低下し、からだのなかの老廃物…

職業運転手の方には睡眠時の無呼吸検査を

長距離バスの運転士(職業運転士)の方々には、睡眠時無呼吸症候群の検査の義務付けはされたのでしょうか。 長距離バスだけではなく、タクシーの運転手のみなさんもですし、航空機のパイロットや、もしかしたら医療従事者も、検査の義務づけが必要になるかも…

心房細動はハイリスク疾患です

健康診断の心電図で、心房細動と診断されてそのまま様子をみている方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。 心房細動は無症状でも、脳梗塞、心不全を高率に起こします。 また、認知症の原因になると言われています。 特に脳梗塞は一度発症してしまうとなか…

厚生労働省(国)が推奨するものにはそれなりの意味がある

以前、がん検診について、現状どういったものが、国が指定するがん検診なのかについて、確認しました。 このことは、がん検診だけではなく、一般的な健康診断にも当てはまるのではないか、と考えています。 何を言いたいのかというと、国がある程度の税金を…

【がん・脳卒中・心筋梗塞】の時代は終わった

最近、医療保険の宣伝などで、【がん・脳卒中・心筋梗塞】という三大疾病という表現が少なくなったような気がするのは自分だけではないでしょう。 少し前までは、この三大疾病という表現をたくさん耳にしましたし、保険もそれを売りにしていました。 現在のk…

ひとつの降圧薬で十分血圧が下がる程、現実は甘くない

血圧が下がりすぎるのが怖いからか、降圧薬をひとつ処方して、目標血圧に達していないのに、それで様子をみましょうとしている医師が多すぎる気がします。 薬は出してるんだから、あとは自己努力不足。塩分守ってますか、運動して少しは減量したら、といった…

高血圧の運動療法

結局、高血圧も運動療法が有効と科学的根拠が証明されています。 継続的に運動療法を行うと、高血圧の方の場合、収縮期血圧(上の血圧)が8~10近く、拡張期血圧(下の血圧)が5程度低下させることができます。 運動療法が血管の質を変えたり、血管の壁から…

高齢者は高血圧なのが当たり前か

高齢者は高血圧なのは当たり前だから、そんなに下げなくてもいいんじゃないのと、ごく稀に聞かれることがあります。 これはたぶん多少バイアスがかかっていて、高齢者の方でも血圧が高くない方もいらっしゃいます。 病院にきている方は血圧が高い方が多いで…

【高血圧パンデミック】との戦い

毎週毎週、本当に毎週、新規の高血圧の方にお会いします。 特に症状はないんですが、数字にびっくりしてという方がほとんどです。 血圧は客観的に数値ででるので、非常に治療がやりやすい生活習慣病のひとつですが、症状がないため治療に対するモチベーショ…

【がん検診】の認識に誤解があるのでは?

前回はがん予防が重要だということで、主ながんについて、現状わかっていることや検診内容について簡単まとめました。 誤解がないように追記しますが、がん検診は、 胃がん、大腸がん、肺がん、子宮頸がん、乳がんの5つが国が推奨するがん検診となります。 …

がん予防・いまできそうなことから

前回は、免疫とがんが密接に関与していることを書きました。 そして、進行したがんには免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬といったあたらしい化学療法も登場しました。 今後、それらの薬剤は適応となる病気や、病期(がんの進行度)も比較的軽いものへ…