予防医療のランダム・ウォーカー

内科専門医のblog 〜予防に勝る治療なし〜

心臓突然死に対する考え方に敢えて警鐘を鳴らしたい

最近、また心臓突然死を思わせるような訃報を目にするようになりました。

 

冬は寒暖差が大きい環境に身を置かれますから、その温度差が刺激(ストレス)になって心臓突然死を期待しやすい季節ではあると思います。

 

ただ、冬だから、寒いから

 

心臓発作で亡くなっても仕方ないよね、という考え方は間違っていると思います。

 

人間が生きていくうえで、生活の中には必ず一定のストレスがあります。

 

人間関係のストレス、仕事の業務上のストレス、それ以外には不規則な睡眠による体へのストレス、などたくさんのストレスに囲まれて生きているのが普通です。

 

寒さ(気候変動)というものも、人体には一種のストレスになります。

 

 

心臓突然死には何かベースになる疾患があると考えます。

 

ストレスだけで心臓突然死を起こしてしまうのであれば、ほとんどの人に突然死が生じても不思議ではありません。

 

「胸が痛くなったり、動悸がたまにするのは仕事でストレスが多いからだと思う」

 

このようなことをおっしゃる方が意外に結構いますが、

 

「何か病気があって、それがストレスがかかることで症状として出てきていると考える方が安全だと思いますよ」

 

とお伝えしています。

 

 

きっと調べていないだけ、自覚していないだけです。

 

防げる突然死は結構多いのに、多くの人がいろんなことを放置しているんだよねー

 

と、こういったニュースを見るたびに思います。

 

 

まずは、健康診断結果に言い訳しないことが大事なんですかね。

 

ストレスが多いから仕方ないよ、という発想の人がとても多いです(ほとんどが男性)。

 

心房細動を正常化できても、脳梗塞リスク高いまま

現代の重要疾患のひとつに心房細動という不整脈があります。

 

心房細動は有病率が高いわりに、症状が表に出ることが少なく、健康診断で心電図をとらないと気がつかない、とっても気がつきにくい厄介な病気です。

 

心房細動の最大の問題点は、脳梗塞を起こすこと、心不全となること、認知症の原因となることは今までも何度か説明させていただきました。

 

 

心房細動はカテーテル治療で根治可能な場合も多くなりましたが、

 

いま、少し問題なのが、

 

心房細動が治っても、もともと心房細動があったひとは脳梗塞のリスクが高いまま

 

という報告があることです。

 

カテーテルアブレーションという治療で心房細動が起こらなくなっても、その後の脳梗塞のリスクは高いままであるということは、

 

心房細動の治療後も、脳梗塞に対する備えを継続しなければならないということになります。

 

 心房細動は当然再発リスクもあるため、既に脳梗塞心不全の既往がある方、年齢が75歳以上など、条件を満たせば抗凝固療法は継続することが多いのですが、全員にそうすべきなのでしょうか。もともとこの辺りの判断は医師によって結構違います。

 

ただ、実臨床では心房細動治療後の方が脳梗塞で救急搬送され、結果心房細動が再発していたというケースも多いため、抗凝固療法中止は慎重になるべきと思っています。夜間搬送されても脳外科などに入院になるため、当直をされていない循環器の偉い先生方は 再発そんなにあるなんて知りませんでした、なんてことも実際あるものです。

3歳時のI.Qが低いと老化が早い?

先日ご紹介した【中年期の歩行速度が速い方が、老化は遅い】という内容に対する追加になります。

 

中年期の歩行速度と、脳の老化が関連していたということ。

 

また、

 

中年期(45歳時)の歩行距離が遅いと心肺機能、血圧、糖尿病の指標、歯の状況、顔の印象が全て老化が早いという内容でした。

 

歩行距離は脳の神経細胞の機能やネットワークそのものをある程度反映しているということなのでしょうか。

 

また、脳の神経細胞の機能自体が、心肺機能や血圧、糖尿病の状況、歯の状態、顔の印象まで関与しているというのは、

 

神経細胞の機能が優れている(神経伝達速度の速度が速い)

⇒歩行速度が速くなる

⇒基礎の運動能力が高い可能性

 

なので、基本的な運動機能が高くなれば、

 

⇒ 心肺機能が高くなる

⇒ 動脈硬化の改善(血圧の改善)

⇒ 運動能力の向上による肥満の改善やインスリン抵抗性の改善(糖尿病の改善)

⇒ インスリン抵抗性の改善・炎症の改善(歯周病の改善)

⇒ 活性酸素の低下(老化の改善)

 

そんな推論が成り立つような気がします。

 

 

また、この中年期の歩行速度に影響を与えている要素について次の検討がされています。

 

その要素とは、

 

1)3歳時のI.Q

2)3歳時の言語理解度

3)3歳時の欲求不満への耐性

4)3歳時の運動技能

5)3歳時の感情のコントロール能力

 

などから、45歳時の歩行速度が予測可能、と示されていました。

 

これらの5つの項目の成績が低かった人は、45歳時の歩行速度が遅かったと結論しています。

 

歩行速度が遅くなる現象は、既に幼児期から現れることが示された。若年の頃から、将来的に脳と身体の健康が維持できるかどうかを予測できる可能性がある。

 

以上のようにまとめられています。

 

神経機能については専門外なので詳細はわかりませんが、

 

要するに幼少期から脳の神経細胞の数か、もしくはネットワークの伝達性の良さ?のようなものが、中年期の歩行速度にも反映されていているということでしょうか。

 

遺伝的な要素が大きいようにも感じた結論でしたが、

 

45歳から歩行速度を上げる努力をすれば、何かが変わっていく可能性も十分あると信じたいですね。きっと正しいと思います。

運動習慣を継続するための時間の使い方

仕事柄、自分の同年代よりもやや高齢の方々に運動指導(運動処方)をさせていただくことが多いのですが、

 

ご高齢の方に比べ、仕事をしている割合が多い若い世代は一般的に自分の時間があまりありません。

 

話を伺っていると、ほとんどの人が時間がないといいます。

 

仕事に使われる時間、家族(子育て含む)に使う必要のある時間、移動時間、趣味の時間、睡眠時間などでしょうか。

 

これらに使用できる時間は誰でも一日24時間であることは決まっているので、

 

その配分は意識的に分けていかないと、行動は変えることができません。

 

 

仕事に使われる時間や家族との時間は自分の意思で変えられない場合が多いので、

あとは趣味の時間をどうするか、睡眠時間をどうするかになってきます。

 

睡眠時間を削るか、無駄な趣味の時間を削るかです。

 

自分の場合は、トレーニング効率を落とさないため、免疫力を落とさないためなどさまざまな医学的理由から、睡眠時間は可能な限り十分とるように努めています。

(時間が取れない場合もあるので、そうでない日は極力努力してとります)

 

ですので、睡眠時間を削る選択肢はありません。

 

多くの方にも睡眠時間を削ることはお勧めしたくありません。

 

 

そう考えると、あとは趣味の時間をどうコントロールするかです。

 

20代の頃はあまり感じないと思いますが、30代後半の頃から、人生は有限であるということを強く感じるようになりました。

 

一日中時間のある学生時代、どれほど無駄な時間を過ごしてきたのだろうと思うことはありますが、実はあれも今から考えれば必要な時間だったのだと思います。

(いま時間がないように感じるのは、あの頃の揺り戻しだと思っています)

 

趣味に使う時間についても、若い頃とはだいぶ違ってきました。

 

現在はほとんどの時間を、本を読んで知らない知識を貪欲に獲得することと運動に充てています。

 

 

運動習慣を継続するには、逆説的ですが、

 

あまりあたまで考えすぎないで、2~3種類の運動を毎日継続することだと思っています。

 

最初に何の運動を、どうやるかを考えることは重要です。

 

踵上げやハーフスクワットをまずおすすめしている理由は、下肢の筋力をつけることが、その後トレーニングを続ける際の基礎になるからです。

 

また、下肢の筋肉量は上半身の筋肉量よりも圧倒的に多いので、ウォーキングやぺダリングなどの有酸素運動の効率を上げられるという利点もあります。

 

しかし、このように最初に理論的にある程度考えたら、あとはあまり考えない。

 

純化して、ものを絞って、ひたすら繰り返す。

 

そして楽になってきたら、回数を増やす。

 

筋トレは週3回がよい、とかいろいろ理論はありますが、トップアスリートになる訳ではないので考えない。

 

自宅でやる自体重負荷トレーニングなんて、たいした負荷にはならないので、毎日やっても問題ありません。

 

レーニングを週3回(月・水・金)と決めたとしても、結構忘れてしまうものです。

 

間違いなくそのうち段々やらなくなりますから、もう毎日やると決めてしまった方がいいです。

 

やるまで寝ないと。

 

一日の時間のなかで、【緊急性はないが重要なこと】にどれだけ時間を割けるのかが人生にはとても重要なようです。

 

末梢動脈疾患はハイリスク

見逃されやすい病気として、末梢動脈疾患(PAD)について概説してみたいと思います。

PADは簡単に表現すると、脚の動脈が狭くなったり、つまったりしてしまう病気です。

症状は、下肢の冷感(足が冷たい)、しびれ、少し歩くと足が痛くなり休むと治る、です。

動脈硬化ベースなので、当然ご高齢の方に多くなりますので、脊柱管狭窄症という、腰の脊髄が圧迫される病気と似ており、気がつかれていないケースもあるかと思います。

PADの問題点は、歩く距離が制限されてしまうので、生活の質が低下することですが、それ以上に怖いのは重症化すると下肢の切断が必要になってしまうこと。

そして、PADでは心臓や脳の血管トラブルを合併するため、心筋梗塞後の方、脳卒中後の方よりも、心血管死亡率が高いことが示されています(REACH試験)。

最近ではさまざまなカテーテル治療ツールが開発され、血管形成術の成績は良好になりました。

カテーテル治療は短期的には症状を劇的に改善し、歩行可能な距離は長くなりますが、運動を併用しないと一年後にはカテーテル治療をしないで運動治療を続けた人と差がなくなることが示されています。

具体的な運動療法の内容は、基本有酸素運動ですが、ポイントは足に痛みが出るまで続けるという点です。

注意点は先程も書きましたが、PADの方は心臓、脳血管トラブルの合併症が多いので、その辺りもチェックしてからが良いということです。

内服薬は抗血小板薬が推奨されています。

歩いていて足が怠くなる、痛くなる、足が冷たいなどの症状があれば、検査は比較的簡便なので一度調べてみることをお勧めします。

高血圧の授業を終えて

本日、動脈硬化・高血圧という、学生の立場としては非常に興味を持ちにくい内容について、講義をしてきました。

 

自分が学生の頃は、がんに対する分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬などといった治療法はなく、悪性腫瘍の領域はまだまだ先の見えない世界でした。

 

その点、脳梗塞心筋梗塞といった急性疾患については、カテーテル治療の成熟によって命を救われる方が増加し、しかもやっていることが単純でわかりやすいこともあり、授業にも興味を持って参加していたような気がします。

 

その頃から脳梗塞心筋梗塞の原因は高血圧だったり、コレステロール異常による動脈硬化が原因だとは教わっていましたが、高血圧や動脈硬化には全く興味を持てませんでした。

 

(高血圧は内容的に地味だったのと、本質の理解ができていないかった学生の頃の自分の実力不足があったんだと思っています)

 

 

かくして、現在の進路に進んでしまった訳ですが、

 

あたりまえのことになりますが、

 

カテーテル治療をいくら頑張っても急性心筋梗塞を発症してしまう患者さんが減る訳ではありません。

 

カテーテル治療は表現が悪いのですが、もぐら叩きと一緒です。

 

発症したら治療する。それだけです。そして、何度も書いてきたように、心筋梗塞で壊死した心臓の筋肉は、カテーテルで治療しても元には戻りません。

 

本当にカテーテル治療をずっとやっていていいのだろうか、と思うことが最近特に増えました。

 

もちろん、カテーテル治療には、自分自身の放射線被曝の問題も出てきます。

 

 

同じような立場で、カテーテル治療を頑張っておられる先生方はすごいと思っていますが、

 

今後は、発症をさせないような仕組みづくりがしたいと最近本気で思います。

 

 

そんなことを考えながら、授業スライドにその思いを込めつつ、学生には全く興味のないであろう授業をしてきました。

 

学生の頃の自分とはだいぶ価値観が変わったものだなあ、と。

 

心筋梗塞後も、脚の動脈が狭くなる末梢動脈疾患も、結局、運動療法が重要という結論なのです。

 

進路を決める際にそこまで思いが至らなかったのは、ひとえに学生の頃の勉強不足だなと思いました。

 

優秀な同期は最初から心臓病には運動療法だ、と言っていましたから、彼には今になって改めて脱帽です。

中年期の歩行速度が老化予測の指標となる可能性

【中年期の歩行速度が老化予測の指標となる】という内容です。

 

興味深い研究結果でしたので、ご紹介します。

 

結論から書いてしまいますが、

 

歩行速度が遅い人は、歩行速度が速い人に比べて老化が加速しているという結果です。

 

45歳時の歩行速度を測定、また同時に脳のMRIを撮像した結果、

 

歩行速度が速い人に比べて、遅い人では脳の容積が有意に減少していました。

 

また、

 

大脳皮質厚の減少

大脳皮質表面積の減少

大脳白質の高信号域の増加

 

といった、脳の老化を示唆する所見が認められました。

 

 

この研究がユニークだと感じたのはここからです。

 

19項目(血圧、心肺機能、歯の状態など)の経年変化を評価したところ、

 

歩行速度が遅い人では老化が加速しているという結果となり、

 

さらに、

 

顔年齢も評価しており、歩行速度が遅い人では顔写真が老けて見えたと結論づけられていました。

 

顔写真の部分は多少主観的な要素が入っている可能性がありますが、

 

それでも参加数が904名となっており、nは少ない訳ではありませんので、興味深い結果です。

 

この内容を知った上で自分の身の回りのひとの歩く速さを見てみると、世の中が少し変わって見えるかもしれません。

 

少なくとも自分は、外来などでたくさんの方にお会いする機会が多いので、興味深いです。