予防医療のランダム・ウォーカー

内科専門医のblog 〜予防に勝る治療なし〜

精神疾患には睡眠が関与している説を考える

睡眠不足がうつ病などの精神疾患の原因となっているという話題です。

 

精神科専門の先生方が、睡眠不足がうつ病などの精神疾患の原因となっている。抗精神薬を内服するまえに、睡眠を整えることが大切だというのです。

 

睡眠を整えるとは、睡眠時間の量と質の2面性があるように思います。

 

日本人の睡眠時間は平均7時間30分程度といわれていますが、50年前と比較して、現在は約1時間少なくなっているといわれます。

一日1時間睡眠が減少すると、単純計算で一年で360時間程度の睡眠時間が削られることになります。

 

また睡眠の質に関しては、熟睡ができているかということ以外に、いつ眠っているかというポイントも重要です。

 

基本的に、夜勤という仕事は、睡眠と覚醒のリズムを狂わせてしまうので、本来は存在しない方がベターなのです。

 

夜勤があっても、仮眠をとれる状況にあるのであれば積極的にとることが良いと思います。

 

睡眠が十分とれている気がするのに、睡眠時無呼吸症候群等の疾患を合併していれば、眠れていないことにもなります。

(場合によっては夜間頻尿を起こす病気も、睡眠不足の原因となるでしょう)

 

睡眠時間は8時間、暗くなったら寝る、明るくなったら起床する、いびきや無呼吸を家族に指摘されたら、睡眠時無呼吸症候群の存在を疑う、といったところでしょうか。

 

睡眠は脳内の老廃物を除去する時間、という研究結果の記事がありましたが、全くその通りだと思います。その時間が不足すれば、脳のネットワークに障害が生じても不思議はありません。

 

あかちゃんは眠くなると機嫌が悪くなって泣く、というのも脳内に老廃物がたまった結果なのでしょう。

 

こどもも睡眠時間が少ないと、機嫌が悪い傾向が強い印象をお持ちの方も多いのではないかと思います。

 

どんな化学物質が脳内の老廃物となっているのでしょうか。

 

仮に、Aという老廃物がたまると⇒うつ病になりやすく、Bという老廃物がたまると⇒不安神経症になりやすい、といったように、一対一の対応まではいかないまでも将来的にそういったものまで分かれば、治療薬がもっと原因に合った進歩を遂げるのかもしれません。その点は非常に楽しみです。

 

また、脳内の老廃物ばかりではなく、身体的な老廃物に対するメンテナンスも、睡眠中に行われていることは明らかです。

 

睡眠不足では免疫力が低下することが示されています。ダメージを受けた細胞が修復されたりするのも睡眠中です。

 

かぜをひいたら、栄養(エネルギー)をとって寝ているのが一番だ、というのも、からだの活動性を抑えてエネルギーを無駄遣いせず、そのエネルギーをからだや脳の修復に全て使用して治す、ということなのでしょう。

 

個体差はあるとは思いますが、睡眠は無駄な時間ではなく、からだとそれを司る脳の機能を高めるものです。

 

そうはいっても、なかなか眠れない、寝付けないという人も多いのかもしれません。

 

睡眠には身体的な疲労が必要なので、これも結局、運動不足が根本的な原因となっている可能性があります。

 

運動不足  ⇒ 睡眠に必要な身体疲労の不足  ⇒ 睡眠不足  ⇒ 脳内に老廃物の貯留  ⇒ 精神疾患を発症

 

以上の仮説を自分のなかに立てました。

 

当然専門家ではないので、完全に仮説ですが、それほどかけ離れたものではないと思います。

 

今後検証可能なデータや研究などがあれば、またご紹介します。

医療の地域格差がとんでもないレベルになっている

医療を提供する側の医療への関心と、医療サービスを受ける側の医療に対する期待と信頼、また、その地域での歴史を非常に強く反映するのが、医療の質です。

 

日本の医療には数多くのガイドラインという、診療を行っていく際の、ある一定の決まりのようなものがあります。

 

例えば、このブログで以前ご紹介した高血圧に関するものは、全て【高血圧治療ガイドライン2019】というものに準拠した内容で記載しています。

 

ガイドラインは、過去の膨大なデータから【これをやったら確実に良い】というものと、【これをやったら悪い】というもの、そして、【まだわからないものはわからない】として、それを文章にしています。

 

全国どこからでもガイドラインにはアクセス可能なので、全国どこでも、同様な医療が受けられる、と思っていましたが、現実には地域格差が結構すごいことがわかりました。

 

【薬を飲んでから調子が悪い】という訴えが全くない地域とすごく多い地域があります。

 

どちらの場所でも、同じ診療をしていても、です。

 

薬を飲んで調子が悪くなったから、自己判断で内服をやめたという人が多い地域では、例えば、まず血圧を140 / 90 未満に下げると、何人かの方が調子が悪い、ふらつくといった症状を訴えてくることが多いです。

 

血圧がずっと高い状態で不十分な内服でずっと来てますから、まず数字が低下した違和感が非常に強いのでしょうか。

 

高齢者だから血圧が高くて当たり前だろ、という話が始まってしまうことも結構あります。

 

当然、そういった方に減塩しましょう、運動しましょうといっても、全く聞いてもらえません。

 

血圧の薬に限らず、【薬は悪いものだ】という強い固定観念を地域全体に感じる気がします。

 

手術などの治療に対しても同様です。治療に対するハードルが非常に高い。

 

昔、何があったんだろうか、と思うくらいの医療に対する不信感を感じます。

 

こういう状態だと、手術する側もなかなか萎縮してしまって、良い医療ができないという悪循環が出来上がってしまいます。

 

同じ治療をしていても、ある地域では感謝され、ある地域では文句を言われるという、ある意味、貴重な経験をすることがあります。

 

少なくとも、自分の患者さんが調子が悪くなって喜ぶ医師はいないはずです。

(悪意を持って書けば、自分の患者さんだけは良くなってほしいと思っている人はいるかもしれませんが)

 

そこをもう少しわかっていただけたらと思います。

 

若年性突然死を見て改めて思う【できることはやっておく】ことの重要性

最近、脳卒中、心臓病の予防の話題ばかりになってしまい、自分でも若干飽きてきていたところでしたが、今朝、34歳の俳優の方が虚血性心疾患によって亡くなったという大変残念なニュースが飛び込んできました。

 

この年齢で虚血性心疾患(急性心筋梗塞、不安定狭心症の総称です)は確かにまれなことではあると思いますが、家族性に遺伝的なコレステロール異常を持っている方は、こういったことがいつでも、十分起こりうると考えていただいた方がいいと思います。

 

今回の場合に、家族性コレステロール血症との関与があったのかどうかは全くわかりませんが、それを先回りしてつかむには、やはり、健康診断をまず受けること。

 

(健康診断を受けていないのはそもそもアウト)

 

そして、健康診断でLDLコレステロールが高いなどの指摘があった際には、なんらかの精密検査や治療を受けた方がいいと思います。

 

今回のケースでは、このあたりの健康管理はどうだったのでしょうか。

 

健康診断を受けている方は、そもそも健康に対する意識が高いのでいいのですが、もっと問題なのは、健康診断すらずっと受けていない方です。

 

ノーガードで病気に向かっていくようなものです。

 

こういった状況を考えると、ますます知識化される社会では、健康への意識が高い層と低い層で、死亡率に大きな差が今後出てくるでしょう。

 

あと、気になったことですが、

 

今回の件について、さまざまな記事をみましたが、もともと不整脈をもっていたからこうなったのではないか、とか、心電図で右脚ブロックがあれば致死的な不整脈を起こすものだ(おそらくBrugada症候群のことをいっているのでしょう)とか、本当に中途半端な医学的知識がどんどん書かれていて、それはそれで驚いてしまいました。

 

もともと不整脈がなくても、急性心筋梗塞脳卒中は、前触れなく、突然くるものです。

 

だから命を落とします。(突然すぎて、からだが対応できないからです)

 

そして、誰にでも起こりうる。

 

今までの繰り返しになりますが、予防できる要素があらかじめ分かっているのであれば、先手をうちましょう。

 

自分は専門家なので、自分のからだと、担当のみなさんのからだについては、科学的にわかっているものに関しては、あらゆる予防措置をとっているつもりです。

 

もう、いいかげんに皆さんもちゃんと認識した方がいいと思います。

 

8年ほど前にも、有名なサッカー選手が30代で、急性心筋梗塞で亡くなっていますが、覚えていますか?

 

こういった仕事をしていると、こういうニュースは何とも言えない気持ちになります。

人生100年時代を生き抜く~本物のアンチエイジングとは~

人生100年時代になりそうです。

 

前回までは、国が法制化した【脳卒中・循環器病克服対策】についてご紹介しました。

 

この法制化の目的としては、

 

a) 脳卒中・心臓病の発症には予防が可能な要素が多くあるが、それを国民全体に周知できていない。脳卒中・心臓病の発症予防と、発症後の血圧管理、内服管理、リハビリテーションを徹底することで、健康寿命と平均寿命の差を今後着実に埋めていくこと。

 

b) がんに比べて予防が確立しつつある脳卒中・心臓病に対する予防を徹底させることで、膨大な医療費を削減できること。

 

c) 若い世代、労働世代を極力長い期間、元気にいさせて、社会インフラを支える担い手を減らさないこと

 

この3つが考えられると思います。

 

では具体的にどうすれば良いのでしょうか。

 

その話に移る前に、脳卒中心筋梗塞になるとどうなるの?というご質問がありましたので、なぜ対策をしなければいけないのかを簡単にご説明します。

 

脳卒中は、基本的に脳のなかの血管のトラブルで発症します。

 

脳梗塞脳出血くも膜下出血などに分かれており、それぞれに症状もさまざまですが、脳の大きい範囲にダメージが出ると、半身麻痺、意識障害(意思疎通不可能)な状態になる場合があります。

 

軽くても、上半身が上手く動かせない、うまく話ができない、口から水がこぼれる、右手の痺れなどがずっと残るため、もとに完全には戻りません。

 

認知症にもなります。

 

治療も日々進歩しているとはいえ、現状では障害が残りながらも社会復帰できるケースもあれば、命を落とす場合も多いでしょう。

 

次に、心筋梗塞は何が困るのかですが、

 

心臓へ血液を届けている血管が突然つまってしまうため、心臓の筋肉が壊死して腐ってしまいます。

 

カテーテル治療などで救命率は改善し、つまった血管は元通りに戻るようになりましたが、ダメージを受けた心臓の筋肉は腐ったままになりますから、心臓の機能は発症前より原則低下します。

(ここは皆さんが誤解しているポイントです。血管がきれいになった画像を見せられれば、腐った心臓の筋肉までもとに戻ったんだと誤解する方がたくさんいらっしゃいますが、それは間違いです)

 

心臓の機能が低下すると、発症前よりも重労働などがしにくいからだになります。

 

重症度によっては、入退院を短期間で繰り返すようになったり、もちろん心筋梗塞で亡くなってしまうかたも未だにたくさんいらっしゃいます。

 

突然死の大きな原因のひとつです。

(最近、運動会中に倒れた父兄のニュースがありましたが、心筋梗塞でした)

 

 

では、脳卒中・循環器病克服計画を踏まえながら、どうしていけばよいのか、今できることは何か、アウトラインを簡単にまとめてみます。

 

 

1、高血圧は必ず正す

 

特に30歳から64歳までは、血圧が高ければ高いほど、脳卒中心筋梗塞発症のリスクが高いことがはっきりしています。

 

高血圧の基準は140 / 90 以上ですが、120 / 80 未満では心疾患での死亡するリスクに加え、発症するリスクすら減少させられることが科学的に証明されています。

 

若い年代では特に、120 / 80 未満(119 / 79以下)にすること。

 

 

2、コレステロール異常(脂質異常症)もしっかり管理する(もしかしたら一番重要)

 

LDLコレステロール高い心筋梗塞発症のリスクが上昇

(LDLコレステロールは120以上で高値と判断されている)

HDLコレステロール低い心筋梗塞の発症や死亡のリスクが上昇

 

コレステロール異常を指摘されたら、自分で【これりすくん】でリスクを計算してみましょう。直近10年間の自分の心筋梗塞発症リスクと、LDL、HDL、中性脂肪などをどれくらいの値にすべきかを出してくれますので、とても参考になると思います。

 

最近の知見では、LDLコレステロールは低ければ低いほど、脳梗塞心筋梗塞の発症リスクを低下させられるということです。

 

※冠動脈疾患発症予測ツール【これりすくん】

http://www.j-athero.org/general/ge_app/general2/index.html

 

ただ、これりすくんを使用して低リスクと判定されたとしても尚、LDLコレステロールに関しては自分は下げるべきだと考えています(ここは個人的な見解です)。

 

3、糖尿病があると心筋梗塞での死亡リスクが高くなる

 

糖尿病は初期の段階で、運動療法とカロリー制限で叩くこと

また、肥満は糖尿病の前段階であるという自覚の有無が、明暗を分けると思います。

 

それ以外にも糖尿病は失明の原因になったり、透析の原因になったりすることも忘れてはいけません。まさにサイレントキラーです。

 

運動療法につきましては、以前記載しましたので、宜しければ是非ご覧ください。

 

参考までに、糖尿病の合併症を以下に挙げてみます。恐ろしいです。

糖尿病網膜症(眼の出血、失明の原因)、糖尿病性腎症(腎臓の機能低下、透析の原因)神経障害(しびれの原因)、高血圧、心筋梗塞脳梗塞、末梢動脈の閉塞、白内障緑内障骨粗鬆症うつ病、すい臓がん、肝臓がん、大腸がん、足の感染、壊疽(下肢切断)

 

 

4、肥満の改善(標準体重の維持)

 

 適正体重を維持することは重要です。

 

(標準体重kg)= 身長(m)× 身長(m)× 22

 

この式で計算しますが、適正な体重が概ねこれくらいという値を以下に示します。

 

身長150センチなら体重50キロ

身長155センチなら体重53キロ

身長160センチなら体重56キロ

身長165センチなら体重60キロ

身長170センチなら体重64キロ

身長175センチなら体重67キロ

 

肥満はそれだけで、リスクです。

 

 

5、心房細動(不整脈)を見逃さないこと

 

このブログでも何度か紹介していますが、心房細動は脳梗塞のハイリスク疾患です。

 心不全認知症の原因になります。

 

心房細動が厄介なのは、健康診断で見つけることがかなり難しいということです。

健康診断の心電図で問題ありませんよ、と言われて安心ができない病気です。

 

なぜなら、心房細動は出ては消え、消えては出てくる病気だからです。

知らないうちに脳梗塞を起こして消えていきます。

健康診断の時にたまたま心電図で見つかれば、かなり幸運です。

 

比較的若い年齢で脳梗塞を起こしている方は、おそらくこれが原因であることが多いと思います。

 

そして、だれでも知っている著名人が何人も、心房細動で脳梗塞になったり心不全になったりしていますよね。

 

心房細動の発見に革命が起こるとすれば、Apple Watchの心電図機能です。

 

これが全ての人が使えるようになれば、ものすごい数の心房細動が発見されるでしょう。

(その時に対応できる医療体制がないことが、今の問題点です)

 

これらには全て科学的な根拠があります。

 

いままでの先人のさまざまなデータをもとに統計解析をし尽して、割り出された答えであり、現実ですので、是非参考にしてみてください。

 

 

見た目の本当の美しさや若さは、実は血管の若さ、臓器や筋肉の若さに比例していると思います。

 

本物のアンチエイジングは、こういった地味だけれど重要なところにあります。

 

今の日本では、見た目の美しさ、若さを表面だけ取り繕ってなんとかしようという発想が大半ですが、いずれはこういった細かな内科的メンテナンスが、見た目の美しさや若さにつながっていた、ということがはっきりしてくると思います。

 

年齢より若く見えるとか、年齢より老けて見えるといったことは、遺伝的な要素もあるとは思いますが、糖尿病の有無、高血圧があるかないか、コレステロールはどうか、肥満はないか、といったところが実は大きく関与しているのではないかと思っています。

脳卒中・心臓病予防は国家的事業

前回、平均寿命と健康寿命は大きく異なるものだという話題をしましたので、その流れで脳卒中と心臓病対策は既に法律化され、国家的に取り組む課題に決まった、という内容も補足的にご紹介しておきます。

f:id:MEDILABO:20191110235954p:plain

 

個人的に重要な図だと考えていまして、再掲します。

 

簡単にいうと、男性では最期の9年間、女性では最期の12年間は寝たきりなどの生活制限を持って生きていることが多いという図です。

 

寝たきりの原因はさまざまあると思いますが、大きな原因は脳卒中と心臓病です。


もちろん、国も学会もこのことは以前より強く認識していて、脳卒中と循環器病克服5カ年計画というものが既に作成、国会で審議され、2018年12月に法整備されました。今後、予算などの配分が変わり、脳卒中と心臓病は予防の方向に転換していくと思います。

(循環器病というのは、心臓病のことです。 )

 

脳卒中と心臓病はこの法案名にもある通り、克服可能な病気、克服に手が届く病気になりつつあるのですが、高血圧糖尿病コレステロール異常肥満、そして心房細動という不整脈に対して意識を高くしていないと、この平均寿命と健康寿命の差は永遠に埋まらないですよ、ということを提言した内容になっています。実際海外では、心筋梗塞の発症が減少に転じているところも出て来ています。

 

誤解を恐れずにいうと、高血圧、糖尿病、コレステロール異常、肥満、心房細動の5つさえしっかり対応しておけば、ある程度は脳卒中心筋梗塞が抑えられ、平均寿命と健康寿命の期間が近いものになるはずです。

 

特に30代から、高血圧、コレステロール異常、肥満は始まっています。糖尿病前段階の人もかなりの数になると思います。

 

自分のからだへの意識を高くするというのは、なかなか若い世代には理解できないかもしれませんが、それでも、30代、40代でこれらの病気で消えていった著名人を思えば、やれることはやっておくことは大事だと思います。

 

健康診断の結果を見たくない気持ちはとてもよくわかりますが、将来の自分を救うヒントがそこにあるはずです。ただ、意識の高い層と、そうではない層の差が、今回の法律整備により、より鮮明になり将来大きな結果となると予想します。まだ、日本は見た目のアンチエイジングにこだわっているレベルですが、本当のアンチエイジングはこういうところにあるし、若い高齢者が増加している原因はここにあります。

健康寿命と平均寿命のgapに潜む闇

f:id:MEDILABO:20191110234153p:plain

健康寿命と平均寿命の差が広がっている、という深刻な話題です。

 

一般的に寿命といわれるのは、この図の平均寿命になります。

 

健康寿命とは、日常生活に制限なく暮らせる期間のことです。

 

上図では、女性では平均寿命が86.3歳ととんでもなく長寿になっていると言えますが、健康寿命はどうでしょうか。

 

健康寿命は73.6歳で、平均寿命と12年以上も差があります。

 

つまり、平均的に女性は86歳まで生きることができる社会になっているが、最後の12年間は寝たきりなどで、生活に制限がある状態になっているということを示しています。

 

男性も同様で、これが現実です。

 

多くの人が、生活に制限がなく、最期までという望みを持ちながらも、まだかなり先のことだという認識で日々過ごしていますが、この平均寿命と健康寿命の差をなくすことがとても大切なことで、予防医療の目指すべき大きなテーマです。

 

誰に聞いても、最期の瞬間まで、独力で身の回りのことはしたい、寝たきりで過ごしたくないという願いをもっています。

 

この図を見るたびに、今後の医療は、起こった病気に対処する今までのスタイルから、予防を中心としたスタイルへの転換が必要だと思いださせてくれます。

 

みなさんはこの図をみて、自分の将来をどのように思い描くでしょうか。

その心房細動、本当に無症状ですか?

現代の重要疾患のひとつ、心房細動について、また改めて記載します。

 

「心房細動ですが、症状が全くないんです」とおっしゃる方はたくさんいます。

 

健康診断でみつかっただけで、自分では何も感じないんです、というわけです。

 

人間のからだは急激な変化を敏感に感じ取りますが、ゆっくりした変化はあまりわかりません。ゆっくりした変化には【代償】といって、様々な方法でその状態に適応していきます。

 

例えば、急にどこかの血管が詰まったら、今まで100あった血液がいきなりゼロになるため、当然からだは変化をすぐに感じて、痛みなどの症状を出します。

 

一方、血管がゆっくり年単位でだんだん狭くなれば、その低血流状態に順応、適応します。それが人間のからだです。

 

がんが見つかりにくいのも、ゆっくりだんだん大きくなるから、ではないでしょうか。

 

心房細動も発作性のものは出たり消えたりしますので、その急激な変化に対応できず、症状が激しく出る傾向にありますが、慢性的、持続的な心房細動というタイプもあり、それは徐々に進行するので、症状がでにくいのです。

 

(発作性の心房細動が持続性、慢性へと移行するという説もありますが、発作性の方はいつまでも発作性で、持続性とは一線を画しているという専門家の見解もあります)

 

さて、持続性、慢性心房細動はゆっくり進行しますから症状がでにくいのですが、ご本人が感じていないだけで、全くないというのはまれです。

 

よく聞くと、動いた時に息切れがする、足が少し浮腫むようになった、など自分では気がついていないだけで結構たくさんあります。

 

これは医療者側が細かくチェックし、見つけないとわからないのです。

 

心臓病は安静時と運動時では状況が全く違うということも大切なポイントです。

 

診察室では安静時の状態しかわかりません。心電図や心臓のエコー検査も、もちろん採血も、安静時の情報しかわかりません。

 

これは、心臓病をみる際の重要なポイントで、最大の盲点でもあります。

 

心房細動はずっと続くと慢性心不全になります。採血でもBNPといった心不全のマーカーは上昇していることが多いです。

 

症状がない心房細動はほっとけば良い、というのは前時代的な治療で、これからは通用しないでしょう。

 

よく聞けばほとんどの心房細動の方に症状はあります。

 

心房細動の方は、詳しい専門家によく相談してみましょう。